あなだ貴洋
トップページ > 理念・政策 >6つの基本政策

あなだ貴洋 「6つの基本政策」 安心と希望あふれる北海道づくり。 全力を尽くします。

活力ある旭川づくり

■安全保障・防衛
武力攻撃事態も含む「非常事態」に際し、迅速かつシームレスな対応が可能となるよう、平素から、国や自治体、自衛隊、警察、事業者、住民等との協力・連携を強化し、万全な危機管理体制を早急に構築します。
■北海道強靭化・防災
社会資本の老朽化に対応し、災害に強い公共インフラの戦略的な維持管理・更新を推進するとともに、「防災・減災・知災・備災」の能力を高めるため、地域・学校等における防災教育や訓練の充実強化を図ります。
■交通安全・治安
社会全体で飲酒運転を根絶すべく、「北海道飲酒運転の根絶に関する条例」の実効性を高めるとともに、近年、多発する外国人による犯罪や、薬物による犯罪等をなくすための取締りや検挙を強化・徹底します。

地方創世・女性活躍の推進

■教 育
「人づくりは、国づくり」。子供たちの確かな学力・体力向上を図るため、家庭での生活習慣の改善や、家庭・地域・学校が連携した指導体制の強化を図るとともに、教師の士気を高め、教育力の向上も図ります。
■いじめ根絶・道徳教育
第一に守るべきは、いじめの被害者。いじめを繰り返す児童生徒への「出席停止処分」や、行為が“犯罪”に該当する場合は警察に通報する、道徳・家庭教育の徹底など、今すぐできる対策を断行します。
■教育再生
国旗・国歌を尊重し、わが国の将来を担う主権者を育成する教育を推進するとともに、行き過ぎた「組合活動」「性教育」「ジェンダーフリー教育」「自虐史観偏向教育」等は行わせません。教育改革を断行します。

安全・安心社会の構築

■地方創生による旭川再生
旭川の人口減少や疲弊を克服するため、“真っ当な少子化対策”により、出生率を向上させつつ、「しごと」をつくり、「ひと」を集め、「まち」を整え、人材還流・定着を促進し、誰からも“選ばれるまち・旭川”を創生します。
■中小企業・小規模企業の活力再生
地域経済・雇用を支える地場企業が持続的成長を目指していけるよう、経営基盤の強化や、それを支える人材の確保・育成を推進するとともに、起業・創業の促進及び事業承継の円滑化等にも強力に取り組みます。
■旭川ブランドの確立
安全・安心な食や観光、高品質な加工品やサービス等、旭川が誇るべき資源を世界に発信し、インバウンドを更に取り込むとともに、食や観光の基盤となる農林水産業の新時代を切り拓き、経済成長をけん引します。

教育再生

■結婚・出産
結婚・出産への希望を叶えるため、低収入や非正規などで結婚に踏み切れない若者の待遇改善や、多子志向の家族に対する支援強化など、切れ目ない家族形成支援を実行し、社会の持続可能性を確保します。
■家族・子育て
育児の社会化に偏らず、親の長時間労働の是正にも取り組むとともに、子供が幼いうちは育児に専念したいと考える女性への政策的配慮など、「親子の絆」の再生・強化の視点から、家族・子育て支援を推進します。
■社会保障改革
次世代の支え手が絶えぬよう、子供や教育にも積極投資するとともに、
65歳以上を一律に「高齢者」とみる旧来の画一的な高齢者像を見直し、
輝く“人生100年時代”を見据えた「全世代型社会保障」を目指します。

家族と地域社会の再生

■健康寿命の延伸
リハビリテーション専門職等を活用し、要支援・要介護状態となる前から「介護予防」の取組を推進するとともに、地域包括ケアシステムの構築や、医療・介護連携の強化により、高齢者の健康寿命の延伸を図ります。
■安心社会の確立
若者も高齢者も、女性も男性も、障害や難病のある方々も、一度失敗を経験した人も、誰もが生きがい・やりがいを持って暮らし続けられるよう、安心かつ将来の見通しが確かな“雇用・社会づくり”に全力を尽くします。
■安全社会の確立
北海道の恵み豊かな森里海川を守るため、深刻化する外国資本による森林買収、空き家や土地の所有者不明化、相続放棄等に対応すべく、「利活用・管理できる社会」「所有者がわかる社会」の実現に尽力します。

政治・行政改革

■政治・行政改革
「正直者が馬鹿を見ない社会」「頑張る人が報われる社会」とするため、徹底して政治・行政に蔓延るムダを斬り、行政機能や政策効果を最大限向上させるとともに、「やる気のある志の高い道庁組織」を目指します。
■人口減少・外国人政策
安易な外国人の受入れは、なし崩し的な「定住」や「生活保護費の増加」も危惧されることから、生産性向上や国内人材確保のための取組強化に加え、人手不足の根本要因たる“少子化対策”を重点的に推進します。
■北方領土・北朝鮮問題
ロシアの不法占拠が続く“北方領土の早期返還”を期し、世論喚起を図る一層の啓発活動を展開するとともに、北朝鮮の違法操業船や漂着船を装った不法上陸に毅然と対応すべく、関係機関との連携を強化します。
このページの先頭へ